-会社紹介-

Bullet Mind

私たちの想い

私たちは熱い想いを胸に仕事に取り組んでいます。私たちが作ったゲームを使うみんなも、
ゲームを作る私たちも、とことん楽しむ!

「楽しむ」を大事にするのがバレットです。

TOP MESSAGE

昨年、セキュリティーレベルも格段に上げ、会社の成長に伴う社員増加に対応できる、新しいオフィスへと移転し、さらなる大規模プロジェクト開発が実現できる環境になりました。

当社では、最先端のコンシューマー機器が世の中に出る前に、いち早く手にして、ゲーム開発を行うこともしばしばあります。徹底した情報管理と高い技術力で、企業様の信頼や期待に応えられる開発環境を整えると同時に、オフィス全体が一望でき、社長も社員も同じワンフロアで仕事ができるこだわりのオフィスです。

そしてもう一つのこだわりが、「バレット文化」です。求められる開発要件を満たすだけではなく、ユーザーやお客様、そして開発者である社員達も「楽しい!気持ちいい!」そういった感動を得ることができるような仕事をする、というこだわりの文化です。創業以来バレットのみんなが築いてきたこの「バレット文化」を継承していくことも私たちの大事な使命であると考えています。

当社では、高度で最新の技術が必要となる大規模な据え置きコンシューマーゲームの開発とモバイルゲームの開発比率を50%ずつのバランスで進めていくことも決めています。常に新しい技術を追求することで、クリエイターとしての成長とやりがい、会社としての高い技術力を維持・進化させるための最もよい比率だと考えているからです。
当社が継承し続けている「バレット文化」を大切に、新しい風を社会に届けるべく、常に柔軟なアイデアと企画、確固たる技術力でシナジーを生みだし、ユーザーもお客様も社員もみんなが「楽しい!」と思えるようなゲーム開発会社であり続けたいと思います。

株式会社バレット
代表取締役 岩佐 俊和

当社では、コンシューマーとモバイルの2つの領域でのプロジェクトが常に進行しています。モバイルゲームの開発、そしてコンシューマーゲームの開発、双方の経験が、エンジニア・デザイナーとしての技術を高め、知見を広げることができるので、当社の特徴のひとつにもなっています。

特にコンシューマーゲーム開発で求められる美しくリアルなグラフィック表現は高度な技術が必要となり、ゲーム開発クリエイターとして、常に大幅な技術革新が行われるため難易度も高く求められます。その分、専門性を高めて極めたいと考えるクリエイターにとっては、やりがいや達成感を感じられる面白い仕事でもあります。

また、社内の各セクションがコミュニケーションを重視してプロジェクトを推進しているのも当社の特徴のひとつだと思います。

私たちゲーム開発者は、いわゆる技術だけを求めるエンジニアであってはならず、常にゲームを楽しむ人たちのことを考えないといけません。確かな技術力を基盤として、キャラクターや背景などのデザイン性、企画そのものの面白さなど、すべてが上手く嚙み合った時、面白いゲームが生まれます。まるで現実の中にいるかのような錯覚を覚える、リアルな体験で、楽しさと快適さを感じ、感動して頂けるよう、社内の連携を非常に大切にし、職種を超えて努力や工夫を重ねています。
創業以来、私たちはゲーム開発会社として技術者の誇りとプライドを持って、一つひとつのプロジェクトに真剣に向き合ってきました。大きなタイトルを手掛けたい、すごい技術をつかって開発をしたい、そして何よりすごいゲームを創りたい、そんな意欲あふれる社員たちと共に、バレットは日々進化し続けていきたいと思います。

株式会社バレット
取締役 田中 宏幸

高い技術力と企画遂行力を軸に、バレットはこれまで多くのゲームを世に送り出してきました。皆さんがよくご存じのゲームも多々手掛けています。

現在バレットは、第二創業期として新たなステージを展開し、さらなる飛躍にむけた成長準備をしています。

特に私たちが力を入れているのは、会社の制度や環境整備、そして教育の充実です。

技術をより効率的につかみ取ったり、お客様からの要望をより効果的に企画に反映させたり、もっともっと面白いことに挑戦できる底力を早期から身に付けることで、会社全体の技術レベルや企画水準をさらにレベルアップすることができるよう、仕事環境の整備や教育制度の充実を図っています。

バレットに決まりはありません。その時々で物事の核心を見極め、工夫を凝らし、常識にとらわれないアイデアを生み出し、社員みんなで、もっと良い会社にしていきたいと思っています。そのためにも、風通しのよさや意見を言いやすい風土を大切にしています。

オフィスはワンフロアになっており、社長や私たち役員も社員達と机を並べ仕事をしています。各職種が縦横無尽にコミュニケーションをとることで、あたらしいシナジーを生み出すことができる新しいオフィス環境も整備しました。
例えば一度決めたルールや制度であっても、社員からの意見にも耳を傾け、高度な仕事力を発揮するために不要なものは、すぐに変更します。逆に、時代や環境に応じて必要と思われることはいち早く取り入れます。この柔軟さもバレットらしさです。
社員一人ひとりの持てる力を最大限に発揮することで、バレットの成長を加速し、お客様や社会の皆様により一層喜んでいただけるよう、今後も社員一丸となって参ります。

株式会社バレット
取締役 中塚 剛